​対象となる症状・病名

気管支、肺、胸膜の疾患、腫瘍、アレルギー等に対して専門的な診療を提供する診療科です。

 咳や痰がなかなかよくならない、ゼーゼー・ヒューヒューして息苦しい、坂道を登ったりすると息があがる、痰に血が混じる、レントゲンで影があると言われたなど、思い当たる方は一度かかりつけ医に相談の上、呼吸器内科の受診をお勧めします。

  • 担当する疾患として、びまん性肺疾患(間質性肺炎、サルコイドーシスなど)、肺癌(放射線治療以外の治療が可能)、アレルギー(重症喘息などに対する生物学的製剤による治療も可能)、肺炎などの呼吸器感染症が挙げられます。多岐にわたりますので学会のホームページをご覧ください。

  • 当院には山下眞一教授(呼吸器乳腺外科)他、計3名の呼吸器外科専門医が在籍しております。肺癌や気胸に対する手術、外科的肺生検などにも迅速に対応でき、毎週合同カンファレンスをおこなっています。